accessibility

「日常生活動作」=「ADL」

普段わたしたちが何気なく行っている。「起きる」「座る」「立つ」「歩く」「食べる」「身なりを整える」などの日常の動作のことをいいます。
ADLが低下してしまうことで、「介護」や「看護」が必要になり自立した生活をおくることが難しくなります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: adl-1024x447.png

これらが衰えてしまうと・・・

  • 身体機能
    ロコモティブシンドロームやフレイルと言われる、加齢によって全身の筋力の低下や、関節や脊椎の痛み、骨粗鬆症などの運動機能が衰えて、要介護や寝たきりのリスクがあがってしまいます。
  • 認知機能
    認知機能が衰えていき日常生活を自立して過ごすことが困難な病気が認知症です。日本ではいまや65歳以上の7人に1人が罹患している身近な病気です。
  • 社会的機能
    外出の頻度や人との交流が少なくなり社会的に孤立し、喪失感や無気力からうつ病や認知症のリスクが高まります。

どれか一つでも衰えてしまうと負の循環がうまれることで

ADLがさらに低下します

insert_emoticon

【健康的な生活習慣とは】

「動く」「食べる」「休む」「笑う」「繋がる」のバランスが大切です。
上手く循環することで…
「健康で豊かな人生」をおくることができます。
健康は一日してならずです。なにより継続することが大切です。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: wellness-1024x528.png

「健康な毎日を過ごしたい」
「生き生きと充実した人生をおくりたい」
誰しもが思う願いではないでしょうか?

習慣的な身体活動(運動・活動)によって
筋力や柔軟性の維持・向上につながります。
それにより活動量が増え食欲の増進や睡眠の質を上げます。
「バランスの良い食事」や「良い睡眠をとること」で
健康な身体を維持します。
健康な身体があることで、
「旅行に行く」「新しいことに挑戦する」など
楽しみや生きがいが増えていくことで心も健康になります。
良い生活習慣の実践が「心身の健康」につながります。

メディカルフィットネスとは?

メタボとロコモの対策はお任せください

「健康に不安の無い毎日を過ごしたい」「寝たきりにならない体を作る」和風会のメディカルフィットネスでは、通われるすべての皆様に、健康を取り戻し充実した人生を送っていただきたいと願っています。
「健康が気になるけど自分の体が不安」。そんな方でも医療によるリスクチェックとサポートで安全かつ安心して取り組める方法が、予防医学に基づくメディカルフィットネスです。日々の健康管理に必要なチェックと、健康づくりのための具体的な実践方法を、医師・フィットネススタッフなどの専門家がチームとなって、あなたにとって理想的な健康づくりの方法をご提案します。

対象の方

「血圧が気になる」「体重を減らして・・・」「体に不安がある」「体力低下が気になってきた」「関節痛で筋肉をつけたい」など、健康に関する不安をお抱えの方が、安心して健康づくりに取り組める方法がメディカルフィットネスです。
・体重を減らしてワンサイズ細身の服を着たい。
・生活習慣病を改善して、将来の不安を解消したい。
・関節痛を改善して、充実した毎日を送りたい
・病後の体力低下対策をして、健康を取り戻したい。
・姿勢を良くして若々しさを保ちたい

上記でお悩みの方は、一度ご相談下さい。ご見学大歓迎です!

どんなことをするの?

ご利用例

1)高血圧改善が目標の場合
メディカルチェック・フィットネスチェックでお体の状態や服薬状況を確認し、必要な運動量と強度を決めます。

ウォーミングアップ→ストレッチ→マシントレーニング(軽負荷)→有酸素運動

2)膝痛改善が目標の場合
メディカルチェック・フィットネスチェックでお体の状態、特に膝の状況を伺い、必要な運動を決めます。
「どんな動きで痛むか?」「どんな動きは痛くないか?」「姿勢はどうか?」などを確認します。

ウォーミングアップ→ストレッチ→自重運動→ミニボール運動→補助トレーニング→有酸素運動

3)体重を減らしたい場合
メディカルチェック・フィットネスチェックでお体の状況や生活習慣を確認後、身体組成や基礎代謝量を測定し、必要な運動量や摂取可能なエネルギー量を推計し、運動メニューを作成します。
大切なのは、「摂取カロリー<消費カロリー」の公式を実践することです。

4)腰痛の改善が目標の場合
メディカルチェック・フィットネスチェックでお体の状況と、腰の状況を確認します。「どんな動きで痛むか」「痛くない動きは」「姿勢の確認」などを行い、運動メニューを作成します。